オカベマーキングシステム TOP > ソリューション&導入事例 > 出荷検品システム

出荷検品システム SHIPMENT INSPECTION SYSTEM

システムの概要

出荷検品作業の精度向上と時間短縮を実現します。
無線ハンディターミナルで商品のバーコードを読み取り、上位ホストの出荷予定データと照合することにより検品するシステムです。同時にSCMラベル・値札の発行も可能です。

システム導入の成果

導入前の課題
  • ・目視検品のため精度が低く、誤出荷が発生する。
  • ・検品作業に時間がかかる。
  • ・SCMラベル(梱包表示ラベル)に対応できない。
  • ・ASNデータ(事前出荷実績データ)が作成できない。

※SCM(Shipping Carton Marking)ラベル
 梱包内容のデータをバーコード表示することで、箱を空けることなく内容物を確認でき、物流や検品作業を簡素化・効率化する納品ラベル。
※ASN(Advanced Shipping Notice)データ
 納入業者から事前に伝送される出荷明細のデータ。

導入後の成果
  • ・バーコード検品により作業精度が向上した。
  • ・検品作業の時間が短縮できた。
  • ・検品作業の効率化により人員配置の見直しが可能になった。
  • ・これまでできなかったSCMラベル・値札の発行が可能になった。
  • ・ASNデータの作成が可能になり、検収作業/計上作業の効率化が図れた。
  • ・複数量販店対応可、汎用性有り。
  • ・リモートメンテナンス可

システム処理のフロー

システム処理のフロー
1  
上位ホストからパソコンへ出荷データを送り、ピッキングリストを出力します。
同時にSCMラベルも発行します。
イメージ画像
2  
検品作業者は、受注データ帳票に印字されているバーコードを無線ハンディターミナルでスキャニングし、パソコン側にどの箱の検品を行うか通知した上で検品を開始します。
3  
出荷する商品の値札のバーコードをスキャニングし、読み取った商品情報をパソコン側へ返信します。
イメージ画像
4  
[3]の作業が終了後、SCMラベルのバーコードをスキャニングします。
これが1箱分の検品の作業が終了したという合図になります。
イメージ画像
5  
[3]・[4]の情報がパソコン側で照合され、事前出荷実績データ(ASN)を作成し、上位ホストへ。

機器構成

イメージ画像

導入実績

紳士服衣料品メーカー配送センター

  • contact_box_bace_all.jpg
  • [代表]TEL:03-5379-5501 [フリーコール] TEL:0120-033-539
  • お問い合わせフォーム
  • [ハードウェアサポート]TEL:03-5379-1275 [ソフトウェアサポート]TEL:03-5379-5323
  • 各支店・サービスセンター一覧
  • オカベマーキングシステムの取扱製品カタログをダウンロードできます
  • オカベマーキングシステム取扱説明書
  • Contact お問い合わせ
  • 製品に関するお問合わせお見積りなど、お気軽にお問い合わせください。
  • Webからのお問い合わせ