沿革

オカベマーキングシステムは、値札印字機を輸入・販売に始まり、バーコード印刷システムの導入をきっかけに自動認識のパイオニアとして最新の技術を提供してきました。2022年には60周年を迎えます。


プライスマーキングマシンから始まる

モデル67
電動の値札印字機モデル67

1962 ~

米国のモナーク社 ・ デニソン社の日本総代理権を有する、 岡部貿易株式会社が、 両社の製造するプライスマーキングマシンを販売するためオカベマーキングシステム株式会社を設立する。


日本初バーコード印刷システムを紹介

1970s

データコレクティングバー コードを印刷可能な値札印字機であるモデル 104をモナーク社より導入し、日本初のバーコード値札 印字システムのサプライヤーとして独占販売体制を築く。

バーコードのイメージ
流通業界でPOSとバーコードが普及

バーコード印刷機が流通業界トップに

M-9425とM6042画像
世界初のハンディエレクトロラベラーM6042と値札発行の標準機となったM-9425

1980s

世界初のハンディエレクトロバーコードラベラーM-6042をモナーク社と共同開発。M-9425がベン ダー納入実績で首位を獲得するなど、 流通業界のバーコード発行普及に伴ない成長。


流通から物流への拡張 IT化へ対応

Eta420画像
物流むけラベルプリンターEta420

1990s

流通業におけるPOSとバーコードの普及の後、物流向けEDIに対応したプリンタを開発、運輸会社の送り状発行機で活躍。物流/FA業界への展開、パソコン・ネットワークなど技術革新に対応。


ゼブラパートナー認定・Auto-IDの新領域へ

2000s~

2001年より米国ゼブラ・テクノロジーズ社のプリンタ ー販売を開始、2008年にはプレミアパートナーに認定される。 近年RFID、BLEなど無線技術を活用した製品の販売とソリューションに取り組む。

Zebra PREMIER BUSINESS PARTNER
ゼブラ・テクノロジーズとパートナー

ソリューション・事例紹介

バーコードによる自動認識ソリューション
UHF RFIDタグとリーダライタによる自動認識ソリューション
ビーコンによる自動認識ソリューションの紹介
取扱説明書ダウンロードフォームへ
カタログのダウンロード申込

最新イベント情報

ページ上部へ戻る