6140スキャン・プリントソリューション

ウェアラブルAndroidデバイスであるBL-01とスキャン・印刷・貼付1台3役をこなすパスファインダ6140を連携によりスタッフの手元で価格ラベルに関わるすべての作業が完結します。
「6140スキャン・プリントソリューション」の導入によって、すばやい値下げ札の作成作業とその精度を高め、業務効率の向上を達成しています。

導入前の課題

  • 店頭に並んだ多品種で膨大な商品点数の値札に対し、セールのたびに値札の印刷と貼りかえ作業が発生
  • プリンターで発行してから品番などを頼りにマークダウンを行うので作業人件費が増大する
  • 貼り間違えや貼り付け漏れなどで正確な価格印字ができない
矢印アイコン

導入後の成果

  • スキャンデータから検索した印字による正確な価格印字による粗利益の拡大
  • 貼りかえ後もバーコードからプライスチェック可能で貼り間違えを防止
  • 店頭や倉庫での値札貼りかえ業務の合理化
  • 作業時間短縮による人件費の削減

ソリューションの詳細

ウェアラブルAndroidデバイス「BL-01」とスキャン・印刷・貼付1台3役こなす「パスファインダー 6140」の連携により印字データの取得・印刷・貼付をスマートに行えます。
「BL-01」と「パスファインダー 6140」はBluetoothでスキャンデータや印字データをやり取りするので、作業員の手元でマークダウンの全てが完結します。

マークダウンの流れ
ステップ1
本部でマークダウン指示のデータを登録
ステップ2
インターネット通じて各店舗のPCからマークダウンデータをUSBまたはWi-FiでBL-01にダウンロード保存
ステップ3
6140で店頭商品に取付けられた値札のバーコードをスキャン
ステップ4
スキャン済バーコード情報をBL-01にBluetoothdeで送信し
マークダウン対象を検索しヒットした場合は印字データを6140へ送信
ステップ5
BL-01から受信したマークダウンの印字データを6140が印刷しそのまま値札に直接貼付

システム概要

  • スキャンデータから検索した印字による正確な価格印字による粗利益の拡大
  • 貼りかえ後もバーコードからプライスチェック可能で貼り間違えを防止
  • 店頭や倉庫での値札貼りかえ業務の合理化
  • 作業時間短縮による人件費の削減

開発環境

開発言語PC側:Borland社製 Delphi Android端末:AndroidStudio(JAVA)
契約コースCSV形式ファイル(カンマ区切り、改行有り
通信インターフェースサーバー⇒PC/タブレット間:FTP方式 PC⇒Android端末:USBケーブル

機器構成

Pathfinder(パスファインダ)6140

Avery Dennison パスファインダ 6140本体写真

ハンディサイズで作業現場での印刷が楽に行え、ガングリップタイプなので下げ札へのラベル貼付も簡単です。 Bluetooth 2.0接続を前提にしたシンプルな設計です。BL-01のようなAndroid端末はもちろん、iOS・Windows CE/Mobileにも対応しており、さまざまな最新スマートデバイスのプラットフォームに対応しています パスファインダー史上最軽量770gで作業負担軽減します。 2Dイメージスキャナ標準搭載でバーコード以外の読み取りも可能です。

BL-01 ウェアラブルAndroidデバイス

BIGLOBE BL-011.6インチタッチパネルの小型Android端末

BL-01はBluetooh4.0、Wi-Fi(IEEE 802.11b/g)、3G(2.1GHz)、対応で充実した無線通信機能を備えています。
1.6インチ液晶ディスプレイで軽量コンパクトなウェアラブルデバイスです。 Android 4.4搭載でアプリケーションの拡張性も高い。 IPX5・IPX7 高い防水防塵性能で作業環境を選びません。

グローバルなアパレルSPA

某アパレル SPA店舗

アパレルチェーン店舗のセールのたびに大量の商品値札の値下げ価格ラベルのマークダウンソリューションとして導入


商品・サービスに関するお問い合わせフォーム
オカベマーキングシステムの拠点情報
ページ上部へ戻る