スマートロケーション

スマートロケーションは設定したゾーンの中で、BLEビーコンの電波を受信した位置検知して、大まかな人やモノのロケーションが管理可能です。

BLEビーコンを活用した大まかな位置検知

ゲートウェイやレシーバでゾーンを設定し位置を検知
Smart Locationのイメージ

ゲートウェイ/レシーバーを複数台設置して、それぞれにゾーンを設定します。 ゾーンの中でどこにBLEビーコンの電波がどこにより強くあるのかを判別して、人やモノのおよそのロケーション検知が可能です。医療機器や機械などの共有機器の位置や、社員の居場所などを把握できます。ログデータを活用し、人員や機器の最適な配置を検討できます。

スマートロケーションで出来ること

人や物の位置を検知

位置情報の管理

人やモノにビーコンを取り付けて、どのゾーンにあるのかをリアルタイムで確認できます。使用環境に合わせた台数のゲートウェイを設置してゾーンを設定します。

レポートで作業時間・滞留時間を菅理

作業時間の管理

蓄積されたゾーンごとの滞在データから、それぞれの場所における作業時間を確認できます。工数の確認や、工程の見直しなどに活用できます。

稼働率などをもとに効率的な資産・備品管理が可能

稼働率の把握

機器の使用頻度を集積することで稼働率を把握ことができます。
よく使用されているゾーンに機器を配置して業務効率の改善に活用できます。

スマートロケーションの構成

Smart LocationはBLEビーコンとレシーバー・ゲートウェイを設置し管理システムでデータを処理
スマートロケーション機器・システム構成
ステップ1
各BLEビーコンがUUID・Majour・Minor情報をアドバタイズ します。
ステップ2
各BLEビーコンの情報とそれを受信したゲートウェイ/レシーバー番号などを管理サーバーに送信 します。
ステップ3
ゲートウェイ/レシーバー から送信された情報を管理サーバーのシステムでリアルタイムモニタリングで表示します。
ログをデータベース化します 。
ステップ4
スマートロケーションシステム内で各ビーコン情報を管理し作成されたデータをCSVファイルを出力します。
クラウドシステムの場合はAPIを利用することも可能 です。
ステップ5
ビーコンの情報を 上位アプリケーションで分析・可視化に活用できます。

関連商品

BLE-TM500本体写真

BLEビーコンBLE-TM500

BLE-TM541本体写真

BLEビーコンBLE-TM541

BLE-TM000本体写真

iBeaconタイプBLE-TM000

Armadillo-IoT-G3L本体写真

IoTゲートウェイ
Armadillo IoT G3L


商品・サービスに関するお問い合わせフォーム
オカベマーキングシステムの拠点情報
ページ上部へ戻る