アパレル企業向けRFID入出庫・棚卸システム

UHF帯RFIDラベルを使用した、入庫/出庫検品と棚卸で作業時間を削減し、業務効率を向上させるシステムです。納入業者から本部倉庫へRFID使用入庫処理と本部倉庫から各店舗へのRFID使用出庫処理、および本部倉庫と各店舗 でのRFID使用棚卸によって人手不足を解消し、スピーディーな検品で長時間労働も削減可能です。

導入の成果

業務にかかる人員と時間の比較

  1. 本社倉庫の入庫処理
    • バーコードタグの入庫処理は1日平均 3人×4時間
    • RFIDタグなら1日平均 2人×2時間バーコードタグに比べてマイナス8人時
  2. 本社倉庫の出庫処理
    • バーコードタグの出庫処理は1日平均 3人×3時間
    • RFIDタグなら1日平均 2人×1時間バーコードタグに比べてマイナス7人時
  3. 本部倉庫の棚卸
    • 6人×6時間(商品点数 約25,000件)
    • RFIDタグなら2人×1.5時間+(3人×1時間:RFIDタク未装着商品)
    • バーコードタグに比べてマイナス27人時
  4. 各店舗の棚卸
    • バーコードタグの棚卸は閉店後の棚卸
    • RFIDタグなら店舗の営業中に可能で棚卸のための残業削減

システムのフロー

株式会社フクダ様のRFIDシステム図

RFID入庫処理

ステップ1
商品入荷
納入業者からRFタグが取り付けられた商品が本社倉庫に入庫します。
ステップ2
一括検品
ラケットタイプのRFIDリーダーを商品にかざすだけで検品が完了します。
ステップ3
入庫処理完了
無線LANで送信された読取り結果は倉庫内のパソコンに表示されます。入荷予定数と受付数の結果を確認して入庫処理がします。

RFID出庫処理

ステップ1
出荷商品の準備
RFタグが取り付けられた商品を店舗へ送るケースに入れて出荷商品を準備します。
ステップ2
一括検品
商品のケースをアルミ製のカバーで遮蔽して、ラケットタイプのRFIDリーダを商品にかざすだけで検品が完了します。
ステップ3
出庫処理完了
検品の結果は倉庫内のパソコン送信され、スムーズに出庫処理が完了します。

導入先企業について

株式会社フクダ様のご紹介

  • 本社:茨城県ひたちなか市高場1811-5
  • 代表者:代表取締役  福田 勝也
  • 事業内容:婦人服、服飾雑貨などの販売ならびに企画

関連製品

RDP4

MASPRO RDP4 RFIDリーダー&ラケット型アンテナ

ラケット型のアンテナとRFIDリーダーを組み合せたRDP4

RFD8500

RFD8500はiPhoneなども装着できる

アンドロイド端末と連携するハンディRFIDリーダー RFD8500

TC51/TC56

TC51 / TC56 本体写真

スマートフォンのような操作で使用できるZebraの業務用アンドロイド端末TC51/TC56


商品・サービスに関するお問い合わせフォーム
オカベマーキングシステムの拠点情報
ページ上部へ戻る