消費税増税・軽減税率への値札対応策

消費税増税と軽減税率制度とは

消費税10%の標準商品と軽減税率対象商品

2019年10月1日に消費税率が10%へアップすると同時に、軽減税率制度が導入されます。軽減税率とは、消費者の負担を抑えるために、飲料・食品などの対象商品に限定して、消費税率を引き上げずに税率は8%のまま据え置かれる制度です。

軽減税率の導入で税率が複数存在するようになると、百貨店・量販店はもちろん、スポーツ用品店やアパレルブランドなどのライフスタイルショップなど、取り扱う商品ごとに税率把握して、消費者にわかりやすく価格を表示しなくてはなりません。

また、ご利用中のバーコードプリンタの値札発行ソフトや、商品の値札タグ・ラベルのつけかえ、陳列棚の棚札・プライスカードの変更が必要になります。

軽減税率の対象品目

増税による消費者の負担を減らすため軽減税率が適用される対象品目は、「酒類・外食を除く飲食料品」と「週2回以上発行で定期購読される新聞」です。店頭で販売される新聞は対象外です。

食料品を取り扱う小売店では、どの商品が軽減税率対象品目であるのか理解して、消費者に誤った税額を表示したり、商品価格について誤解を与えないよう、適切な価格表示の対応をしなければなりません。 同じ飲料・食品でもイートインコーナーを併設した店舗では、店内飲食するのか、持ち帰るかの違いで税率が異なります。

消費税の転嫁対策特別措置法とは

「消費税の転嫁対策特別措置法」により税抜価格や本体価格のみ値札が使用できる

これまでの価格表示は総額表示が原則でしたが、値札の貼り替えなどの負担軽減策として「消費税の転嫁対策特別措置法」により表示義務が緩和されました。

軽減税率制度の開始にともない、飲料・食品とそれ以外の商品を取り扱っている店舗では、商品ごとに税率が変わるため価格表示が煩雑になります。その場合は「本体価格+税」と表示された値札を使用する、または「店内の表示が税抜価格」であることをお客様に提示して、価格のみの値札を使用するなどの対策をとった上で、レジ精算時に商品ごとに税を計算することができます。

税率と値札の総額表示

2013年から2021年まで消費税転嫁対策の特措法により総額表示義務が緩和
消費税率の変更時期と軽減税率開始、消費税転嫁対策特別措置法のタイムライン

消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保や事業者の値札の貼り替えなどの負担に配慮し、表示価格が税込価格であると誤認されないための措置を講じていれば「税込価格」を表示しなくてもよいとする特例が設けられています。ただし本体価格だけの表示は2021年4月以降は認められなくなる予定です。

値札表示の種類と対応

値札のフォーマットはさまざまですが、おもな価格表示の例と対応についてご紹介します。お客様のご使用中の値札と見比べて参考にしてください。

税率による値札の変更・付け替えが不要な価格表示例

税率の変更字には値札フォーマットの変更や、付け替え作業がいらない価格表示の例です。2021年3月31日 (予定) に 特措法が終了するまでは使用可能ですが、前に総額表示へ値札の変更しなければなりません。

A 本体価格+税の値札の場合
本体価格1,000円+税
本体価格+税
消費税の転嫁対策特別措置法」の 終了までに総額表示へ切り替え
B :本体価格のみの値札の場合
本体価格1,000円
本体価格
消費税の転嫁対策特別措置法」の 終了までに総額表示へ切り替え

税率による値札の変更・付け替えが必要な価格表示例

C : 内税・外税 併記した値札の場合
税込 1,080円(本体価格 1,000円)
税率8%で税込・本体価格併記
税込 1,100円(本体価格1,000円)
税率10%で税込・本体価格を併記
D: 内税表示のみ値札
1,080円(税込 )
税率8%で税込価格の値札表示
1,100円(税込)
税率10%で税込価格の値札表示

値札変更の流れ

  1. 現在使っている値札やラベルの表示を確認し、新税率適用時に採用する価格表示を検討する。
  2. バーコードプリンターでご利用中の値札発行ソフトウェアでレイアウトなどのフォーマットが変更が必要です。
    スタンドアロン発行しているバーコードプリンターの場合は修正フォーマットのインストールが必要です。
  3. 新税率適用時に採用する価格表示の内容に応じて値札・棚札を発行します。
  4. 商品に取り付けられた値札・陳列棚の棚札(プライスカード)などを新しい表示のタグ/ラベルと付け替えを行います。

消費税増税・軽減税率のため値札対応をサポート

税率の変更による値札発行でお困りのお客様は、当社にご相談ください。当社のバーコードプリンター・発行ソフトウェア、ラベルや下げ札、インクリボンなどのサプライ品をご提供可能です。マーキングサービスで大量発行のお手伝いをいたします。最適な値札発行を提案いたします。

値札発行環境をアップグレードしたい

消費税率の変更に伴う値札やラベルの変更を機に、古くなったプリンターやソフトウェアなど、最新の発行環境にしませんか。また、Windows 7のサポート終了が発表されています。業務用のパソコンの入れ替えを予定されているお客様はご利用中の値札発行ソフトのバージョンを確認してください。場合によっては新しいシステム導入もご検討ください。

関連商品

Zexis M9820

値札用のタグ・ラベルの印刷に最適化した設計のバーコードプリンタ

ゼクシス M-9820

パワータグ

百貨店・量販店の値札フォーマットに対応した発行ソフトパワータグ

主要な百貨店の値札フォーマットに対応したバーコードプリンタ用値札発行ソフト

オムニタグ21

タグ・ラベルレイアウト発行ソフト

価格、バーコード、品番など見たままレイアウト作成ができる値札レイアウトソフト

百貨店標準値札

百貨店向けに規格化された値札タグ(下げ札)や価格ラベル

JIS標準値札

JIS規格に合わせた 値札タグ(下げ札)や価格ラベル







    個人情報保護方針
    オカベマーキングシステム株式会社(以下、「当社」という)は、自動認識関連商品の開発・販売などにおいて、個人情報を取り扱っています。そこで当社では、この個人情報保護方針に基づき、個人情報保護マネジメントシステムを確立するとともに実行し、事業活動にかかわるすべての従業員が一体となって、個人情報の適切な取り扱いを実現いたします。
    1. 個人情報の適切な取得、利用、提供に関して
    当社では、事業の内容および規模を考慮し、業務遂行に必要な範囲で個人情報を適切な方法で取得します。個人情報の利用は、特定した利用目的の範囲内とし、利用目的を変更する際には、あらかじめご本人に通知し、同意を得た上でおこないます。個人情報は、利用目的を遂行するために業務を委託する場合を除き、ご本人の同意なく、第三者に提供することはございません。目的外の利用や提供を防止するため、個人情報の利用および提供は、個人情報保護管理者が、その適正性を確認した上でおこなっています。また、自主点検、内部監査等の活動を通じた統制活動も強化しております。
    2. 個人情報保護のための安全管理策
    (1)個人情報の漏えい、滅失、き損等に対する予防処置
    当社では、個人情報の漏洩、滅失、き損等を防止するための適切なセキュリティ対策を実施しております。また、これらを徹底するため、従業員への教育・監督をおこなっています。個人情報取り扱い業務を社外に委託する場合は、委託先の選定や監督を厳重におこなっております。
    (2)個人情報の漏えい、滅失、き損等に対する是正処置
    個人情報の漏えい、滅失、き損等が発生した場合は、被害拡大防止を最優先とし、速やかに是正処置を講じるとともに、原因究明をおこない、再発防止に努めます。また、事故に関する情報について、必要な範囲で関係者、関係機関に報告します。
    3. 法令、国が定める指針、その他の規範の遵守
    当社は、個人情報の取り扱いに関する法律および関連法令、国が定める指針、所属団体等の規範等を遵守します
    4. 個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
    当社は、個人情報の保護に関するマネジメントシステムを実行し、維持するとともに定期的に見直しをおこない、継続的改善に努めます。
    5. 個人情報に関する苦情、相談への対応
    当社に対して、個人情報の取り扱いに関する苦情、相談をおこなう場合は、下記の「個人情報お問い合わせ窓口」までご連絡ください。また、当社の個人情報保護方針に関するお問い合わせについても下記にて対応いたします。
    開示の方法やお問い合わせ窓口についてはこちら


    ソリューション・事例紹介

    バーコードによる自動認識ソリューション
    UHF RFIDタグとリーダライタによる自動認識ソリューション
    ビーコンによる自動認識ソリューションの紹介
    取扱説明書ダウンロードフォームへ
    カタログのダウンロード申込

    最新イベント情報

    ページ上部へ戻る