更新情報・お知らせ

アパレル業界向けのRFIDタグエンコーダー 「TRW-300」【プレスリリース】

RFIDの読込み・書込みに特化し、業務効率向上に貢献
RFIDタグエンコーダー「TRW-300」発表

TRW-300 本体写真 斜め

オカベマーキングシステム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:住吉 義勝)は、主にアパレル商品タグに用いられる厚紙のタグへのRFIDの読込み・書込みに特化した、RFIDタグエンコーダー「TRW‒300」を2016年9日1日(木)にリリースしました。
また、2016年9月14日(水)~16日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第18回自動認識総合展」(※)において、本製品を展示・デモンストレーションします。

開発背景

アパレル企業の物流拠点や販売現場では、これまでにない人手不足への危機感が高まっています。在庫管理にかけられる人・時間は 減少しているものの、近年のEC販売加速にともなってリアルタイムな在庫精度向上の要望は高まっています。この課題を同時に解決する方法のひとつがRFIDの導入ですが、RFIDを取り巻く現状は30年前のバーコードと同様、発行やエンコード 方法が周知されていないうえ、新規導入にはハード・ソフト等のコストも発生します。「いつでも、どこでも、誰でも」RFIDタグを発行するのは未だに困難な状況です。これらの状況を解消するため、単機能でシンプルかつ導入コストを押さえたRFID製品をコンセプトとし「TRW‒300」を開発しました。

TRW-300の特徴

シンプルな機能・ローコストにRFID導入

アパレル関連企業では、バーコード印刷を行うプリンター機器が稼働中の場合が多く、それらの機器に「TRW‒300」を追加するだけ なので、プリンターから買い換える場合と比べ、ローコストなRFID導入が可能です。「TRW‒300」は印刷とRFID書込みを同時に行う 一体型プリンターとは異なり、バーコード印刷済のタグをセットしてボタンを押すだけという簡単な作業でRFIDタグのエンコードが できるため、バーコードタグの印刷までは、現行の業務フローに変更がありません。
エンコード機能に特化した単機能の製品のため故障率が低く、導入後のメンテナンスが最小限になりました。読込み時・書込み時と もに指定枚数での一時停止、バーコード内容の切り替わり時の一時停止機能により発行後の仕分け作業が可能となります。エンコーダーとの一体型プリンターと比較をしてもバーコードチェック機能や仕分け機能により、発行作業の業務効率向上と既存の資産を有 効活用したRFID導入を可能にします。このシンプルで他に類のない「TRW‒300」はRFIDの標準化に貢献します。

使用方法・用途

・エンコード処理手順 ~パソコン不要、簡単な手順でRFIDタグ発行~

(1) バーコードの読取り
(2) RFIDタグの初期情報の読取り
(3) ICチップへのバーコード情報の書込み
(4) 再度読込みを行いベリファイチェック(書込み元データとの照合)の4段階の処理を行います。
※(1)~(4)の手順でエラーが発生した場合はエラースタッカーへ排出して正常タグとの分離を可能とします。

・エンコード済rfidタグの照合処理 ~信頼性の高いタグ

エンコード済RFIDタグのバーコード数値とRFIDタグのICチップに書込まれた数値の比較を行うことで、より確実なタグ検品が可能となります。
読取り不能なバーコードの検査も同時に可能となるため、アパレルタグの品質向上と業務効率向上を可能とします。また、検品した結果(読込んだICチップのログ情報)をUSB経由でパソコンに転送することも可能です。

※製品仕様などの詳細はオカベマーキングシステムの商品情報ページをご覧ください。

TRW-300本体写真と特長
タグのエンコードと検証を自動化するTRW-300
oms-press-TRW300-20160901.pdf (25 ダウンロード)

本件に関するお問合せ

最寄りのオカベマーキングシステム営業拠点へご連絡いただくか、本社までご連絡ください。
【本社 営業本部】
TEL:03-5379-5501
FAX:03-5379-1084

ページ上部へ戻る