更新情報・お知らせ

業務⽤ラベルプリンタEC300シリーズ販売開始予告

コンパクトサイズ&ミニマルデザインEC300シリーズの画像

概要

オカベマーキングシステム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:住吉義勝)は、およそ20センチ四方に収まるコンパクトサイズに、ラベル・レシート・チケット印刷業務に必要な機能を凝縮したラベルプリンタ「EC300シリーズ」の4モデルを、2021年1月より順次販売いたします。

新たに発売する「EC300シリーズ」は、業界最小クラスのコンパクトサイズを実現した業務用ラベルプリンタで、感熱専用モデルのEC320(203dpi)とEC330 (300dpi)、熱転写感熱兼用モデルのEC320T (203dpi)、EC330T (300dpi)の4モデルを展開します。

 

業務⽤ラベルプリンタEC300シリーズの特徴について

どこにでも設置できるコンパクトサイズとミニマルデザイン

4インチ幅のラベルが印刷できるサーマルプリンタにおいて最小サイズを実現。製造・物流の現場でバーコードプリンタとして活用できる高機能はそのままに、医療機関、美容室などの受付カウンタ、アパレルやインテリアショップなどのレジ横に設置しても溶け込むミニマルデザインとなっています。

ワイヤレスでタブレットやスマートフォンからもプリント可能なマルチインターフェース

インターフェースボードを差し替えることにより豊富なインターフェースが選択可能です。無線LAN(2.4G/5G)にも対応。ハンディターミナル、タブレット端末、スマートフォンからワイヤレスで印刷する際の使いやすさを実現しています。

サプライ交換やパーツクリーニングなどメンテナンスが簡単

ロール用紙やリボンのセットがしやすい前方から大きく開くカバー、さまざまな用紙に対応できるアジャスタブルセンサー、印字ヘッドやプラテンのクリーニングやパーツ交換を工具不要で行うことが出来ます。

詳細はプレスリリースをPDFでダウンロードしてご覧ください。
okabe-press_ec300-20201015-1.pdf (28 ダウンロード)

製品へのご質問・お見積りはお問い合わせフォームからご依頼ください。

ページ上部へ戻る